近頃きになる人物

f:id:dcandy:20130531194249j:plain

最近料理人で、土井善晴が気になっている。

何度かきょうの料理で見たんだけど、シンプルな家庭料理、だけどすごく材料と味にこだわるお金持ちの家で育った人が食べてるものみたいなところがおもしろい。というか、あまりいないタイプだ。

もちろんお父さんは有名だった土井勝先生。

昔はお兄さんのほうがきょうの料理とかに出てたのよね。あそこのうちみんな顔よく似てる。

その後お兄さんのほうはテレビで見かけなくなり、変な噂を耳にしたこともあった。

そうこうしてるうちに弟の善晴のほうがよく出るようになり、これまたいかにもお坊ちゃん風で嫌みっぽいし関西弁だしまったく苦手なタイプで、単に親の七光りだろうと思っていたんだけど、つくるものがなんかおもしろい。

きのうも再放送でオムライスをつくっていて、最後卵焼きをかぶせるところで「重力にしたがってー」というアドバイスの仕方をしており、なんじゃそりゃー!と思ったが、さっきやってみたら結構上手くできちゃった。

よく老舗洋食屋やフレンチのシェフがオムライスをつくるのを見てやると、たいてい失敗すんのよね。卵焼きの上にケチャップライスをのせて、フライパンのはじをトントンしたりしようとすると失敗するわけ。

しかし重力に任せるやり方は、至極簡単であった。

前にハムエッグ丼ってものをつくっていたが、あれもちょっと目からウロコで、ハムはハム、目玉焼きは目玉焼きで別に焼いてごはんにのっけるというのが新鮮だった。だってこれまでの人生、ハムエッグをつくるときはロースハムを焼いた上に卵を割ってきたから。そんでもって目玉焼きは白身の周りがカリカリに焼けたところが美味しいんですよ!といっていて、そんなくだらないようで意外と大事なことをよく知ってるなと感心したわけ。

お坊ちゃま系料理研究家というと、柳原一成の息子の尚之さんって人もお上品なルックスからしてかなりのお坊ちゃまだが、性格もかなりよさそうな人に見えた。今後注目したい。

土井善晴のお兄さんも地味に料理活動をしているようだが、しばらくは弟の動向に注目していきたいと思う。(たまにきょうの料理見るだけですよ)