この1〜2ヶ月で母親の認知症が急に進んだ。

今日帰って来たら台所のステンレスの作業台の上の炊飯器の前に使った紙パンツが丸めて置いてあった。

さっき部屋の灯りがついているから何をしているのかと覗いたら、スリップの上にワンピースとジャケット、その上から下着の肌着、さらに厚手のツイードみたいなジャケットを着て寝ていた。そのくせに紙パンツは履いてない。

昨日は朝と夜が分からなかった。

わたしが食事を作らない日は宅配のお弁当を1日に2回取っているが、最近はお弁当を食べるということ自体分からなくなって来ている。お弁当はどこに置いてあるのか?と聞いてもお弁当が何なのか理解できていない。おかずはベッドの上、ごはんは床、先日はお味噌汁の容器と豆腐が和室に転がっていた。

今朝の朝イチは介護の特集で、女性のお笑い芸人がこどもは成長して世話から卒業できるからいいけど、老人はエンドレスだから大変だと思うといっていたけどまさにそうだ。エンドレス、もしくは死ぬまで続くのだ。

いのっちが分かった風にコメントしていて、いつもはいのっちに好感をもって朝イチ見てるのだが、今朝は知らないくせに知ったようなこというんじゃない!とムカついた。

わたしはまったく優しい性格じゃないので、そういう母親に対して優しく接することが全然できない。見てみないふりをしてその場をやり過ごすのが一番賢いやり方なのだが、そうせずに一度ぶち切れてしまうと自分で自分が収集着かなくなる。

先日も母親の部屋へいって、ものが色々乗ってるテーブルを蹴飛ばした、2回も。もちろんものは部屋に散乱した。その前にベッドを何度も何度も蹴り倒した。

こういうのを読んだ人は「DVじゃないか!」と思うだろうが、自分でもそう思いながらやっている。いつか殺してしまうんじゃないかとよく思うし、殺したり心中したりする人たちの気持ちが分かる気がする。よくいっそのこと早く死んで欲しいとも思う。正直な気持ちだから仕方ない。

きょうは何事もなく穏やかに外出できたなとか、夕ご飯をのんびり食べられたなとかいうときに限ってその後頭に来るような出来事が起こる。楽しかった気分を台無しにされたような気がして、余計頭に来る。

どうしたらいいのか全然分からない。もちろんデイサービスへ行ってるし、ヘルパーさんも来たりしている。でもヘルパーさんやデイサービスの介護士?の人たちは、助けてくれて出来ない事を代わりにやってくれちゃうので、母親の残り少ない機能が失われていくことを更に助けているようなものに思える。

体の軽いリハビリはやってくれているようだが、一緒に歌を歌ったりゲームをしたり、そんなデイサービスは認知症の何の役に立ってるのか分からない。ただ家にいるよりかはかなりましではあるだろうが。

わたしが毎日近くにいて、忍耐強くそして優しく、訓練のようなことができればいいのだろうが、第一に精神的に無理!優しくなれないどころかDVなんだから。

映画監督とか漫画家とか、認知症の母親を抱えて優しく接しながら暮らしているのをテレビで見た事があるが、どうしてあんなことができるんだろう。

認知症はよくなることはないから、これからは益々悪くなって行く一方なんだろう。徘徊がはじまったり、もっと下の世話が必要になったりして行ったらどうしよう。

考えているだけで頭がおかしくなりそうになる。まったく客観的に考えられないのだ。

色々しらべてよい方法を見つけていかなければ自分がつぶれてしまうけど、今のところ気持ちにそんな余裕がみじんもない。

もう2時になる。まだ火曜日だ。1日1日をやりすごすのだけの日々。