1階にある部屋のポストの鍵を閉めておく。なんでこのことに今まで気づかなかったのだろう。
郵便物がなくなるのが本当に悩みで、部屋持ってきてテーブルの上に置いといてくれればいいんだが、かならず開封して自分の部屋に持って入りゴミやらなんやらとごちゃごちゃにしてしまう。
自分のものもわたしもものも見境がないから本当に困っていた。
朝新聞を取りに行くのが母親の習慣だ。なぜかこれは忘れずに毎朝エレベーターに乗りポストから取ってきて、わたしに「はい」とわたしてくれる。きっと父親が生きていた頃からの習慣だから忘れないのだろう。
だから母親が新聞を取ったあと、わたしが出掛ける時にダイヤルの鍵を閉め、日中は開かないようにして、わたしが帰ってきた時郵便物を取るため開ければいいのだ。
なんでこのことにこれまで気がつかないで悶絶していたんだろう、何年も。ダイヤルの開け方は管理室で把握していて簡単に教えてくれた。
これまでの年月が馬鹿らしく思える。きっと他にも簡単なことで問題解決できることが沢山あるのではないかと思える。