わたしは敵を作って常に攻撃してないといられないタチなんだと思う。それがわたしの習性だ。
今、わたしの話し相手になってくれてる人は1人しかいない。何ヶ月も愚痴をこぼし続けている。これはきっと攻撃なんだ。
普通人といい関係でいたいと思ったら、いくら自分が愚痴や不満だらけでも、それをいい続けてたら悪いなと遠慮したりよい関係のために自分をコントロールすると思う。
でも最近のわたしは垂れ流すように気分の悪い話ばかりしている。その人が何でも聴いてくれたり、慰めてくれたり、同意してくれたりすることに甘えてる。甘える事も時には必要だろうがちょっと度を越している。
心のどこかでその人がわたしを無視したり、拒否したり、連絡が取れないように逃げていってしまうのを待っているのかも知れない。またそういう風に追い込んでも逃げないでいると過信して遊んでいるのかも知れない。
よく書くわたしの持論、人の考えはひとつじゃない。100%の気持ちなんてあり得ないのだ。わたしの中には勿論だが、誰の心の中にも大なり小なり相反する気持ちが存在してる。
混在。なぜか最近好きな言葉だ。


散々攻撃しながら悪いなと思っている。わたしに振り回されて具合が悪くならないといいが。