3連休が2回つづいたが、今日も結局なにもせずにダラダラしてしまった。

まずいと思い夕方近くのスタバへ行き、一番カロリーの少ないクッキーを食べながら読み終わってなかった本を読み、2時間ほどゆっくりして帰って来た。

今日はお弁当の日だけど、最近自分ではお弁当をほとんど食べないから食べさせなきゃならない。少し残りもののおかずなど出して、一緒に食べる雰囲気をつくらないとお弁当箱のフタを開けることすらしないから。

玄関のドアを開けるとわたしのスリッパを片方だけ履いた母親が出て来た。自分のスリッパはかなり前に半分どこかへいったまま出て来てない。

せっかくいい気分で帰って来たのにまたかよ!という思いでスリッパをどこへやったと責める。自分がスリッパを片方だけ履いてることさえ分かってない。おまけにソファのわたしが座る場所の辺りでゲ○っぽい臭いがするが、それがなんでどこから臭っているのか分からない。スリッパと臭さでぶち切れる。

探せといったらフラフラ外へ出ていった。30分ほど待ったが帰って来ないからまたビルの外へ出てオートロックで入って来られないんだと思い見にいったがいない。探しに行く気にもならない。

数十分してそろそろ帰って来ているかもと見に行き、外へ出て道路を見るとタクシーの運転手らしき人と誰かが話している。シルエットを見たらどうやら母親。おまけにタクシーではかった。高級外車を運転してきた男性とその連れらしき女性と話している。話を聞いてみるとあるホテルの近くで転んでいるのを見かけて送ってくれたのだという。そのホテルの中にある宝飾店の人だった。そのホテルへはわたしが歩いても30分ほどかかる。そこまでタクシーで行ったのか歩いて行ったのか、そんなことは勿論まったく分からない。平身低頭で名刺をもらってお礼をいい、見送ろうとしたら母親は送ってくれた人に「あなたもお気をつけてね」とかいっていた。

勘弁してくれよ。

朝は朝で廊下あたりがなんか臭うと思い、浴室辺りを探したら洗濯機の中にズッシリ重たくなった紙パンツが入れてあった。部屋にはフタ付とフタ無しとゴミ箱が2つあるのに。フタ無しは2回捨てられたので一昨日新しいのを買ってきたばかりなのに。汚れたのをどこかへ隠したかったんだろうな。その気持ちは分かるんだけど・・・

本人が目の前にいないときは、もっとこうしてやりたいとか考えられるんだけど、目の前でおかしなことをされると半狂乱になるばかり、どうしようもない。

宅配のお弁当を食べさせるがもう限界だってことも分かっている。独特の臭いがあり、たまにわたしが食べても耐えられないと思うから。それにきっとデイサービスの昼食もそうだと思うけど、おかずは肉や野菜は全部小さく刻まれているし、魚は切り身なので最近大きめのおかずの食べ方が分からなくなって来ている。

数日前、この秋初めて秋刀魚の塩焼きを出したら、好きなはずなのに全然箸をつけない。食べろ食べろいってようやく箸をつけた様子を見ていたら、どうやって頭の付いた魚を食べていいのか分からないらしく、しばらくの間は皮を剥いだり頭をつついたりしていた。

あと1日はつくる日を増やすとして、あと2日はお弁当やお惣菜を買ってもいいんだから宅配弁当はやめようかとも思うのだが、週に7日仕事帰りに夕飯のことを気にしてまっすぐ帰ることを想像しただけで圧迫感で耐えられなくなる。働くシングルマザーのお母さんなら皆そうしてると思うけど、親と子は違う。こどもは生きがいになっても、親はならないよ。

ゲ○みたいな臭いに包まれてこれを打っている。依然どこから臭ってくるのか分からない。ファブリーズは効き目なし。

明日は3年ぶりぐらいに大きな病院の神経内科に連れていく。正常脳圧水頭症の可能性が気になりCTを撮ってもらいたいと思ったから。母親の歩幅の狭い歩きかたを見ていてそう思った。母親の姉もこの病気だったし。しかしもしそうだとすると、頭蓋骨に穴を開けて、脳にたまった水を体内に流すためのパイプを入れる手術が必要になるのだ。ためしてガッテンでは「たった一週間の入院で」といっていたが、もしそうだとしても84才の頭に穴を開けるってどうなんだとは思う。例え認知症の症状が少し改善されるからってそんな年齢の人にそんな手術に耐えさせる意味や耐えられる体力があるのか、無駄というか余計なことにも思える。ならなんでわたしは病院へ連れていくんだろう。

わかんない、わかんないけどなんかしないといられない。