IKEAで3個500円で買った大中小の片手鍋を愛用していて、いつもガス台の脇に重ねて置いているのだが、ずっとそれを壁にかけたいと思っていて、よいフックがないかと思っていたのだが中々探す機会がなく、でも一昨日LOFTへいったら3kgまで耐えられる吸盤タイプのよいのが見つかり、鍋と鍋ぶたを壁に下げたらガス台まわりと気持ちがとてもすっきりした。

シンクの周りも少し配置がえをしたからかなり広々した。

この調子でこの家の中を全部片付けてしまいたい!と思うのだけ、一歩だいどこから出ると急に気持ちがシナシナとしぼんでしまう。どこをどうしていいのか分からず、途方に暮れてしまうからだ。要は捨てて捨てて、整理して、それだけなんだけど。そうなってスッキリしたらどんなに気持ちがいいだろうと思うんだけど。

結局2度目の3連休も虚しく終わってしまった。

だいどこを綺麗にして思ったが、0(ゼロ)にしたものを0に戻すのは結構簡単だ。それも3ぐらいに汚れたときならあまり苦労せずに0に戻せる。でもそのほかの23くらいになっちゃってるアチコチを0にするのは余りに高い山で登る勇気が出ない。

そうさ、千里の道も一歩からさ!そうなんだけど、体力気力が減退しているから今日ちょっとやって、次の日曜日にまたちょっと・・・みたいなテンションの持ち方が出来ないのです。

こう見えて職場は結構きれいにしています。お金をもらってやってるか否かの違いなんでしょうか。いや、それだけじゃない。仕事のものは0101で要か不要か割り切ることが出来るんだけど、自分のものはそういかないもんね。

たとえば、夏休み部屋を片付けはじめたとき、30数年前はじめて行った海外旅行のパリで、初めて買ったビニールポーチを手にしたとき作業は止まってしまった。昔スイミングスクールへ通っていたころはそれに水着を入れていたのだが、最近はまったく使っていないしビニールだから継ぎ目がちょっと破れたりもしている。でも人生で海外で、初めて買ったものだと思い出すとどうにも捨てられない。写真でも撮ってゴミ袋につっこんじゃえば、作業はその後もスイスイ進んだのかもね。

いつも思う。あと一週間ぐらい連休があれば、絶対全部片付くのにと。一週間休ませてください!と。

きっと何も変わらないだろう。

体力があるうちにどうにかしないと、立つ鳥あとがひどいことになるんだけど。悶々。

この話題、こんなに長くなる筈じゃなかったのに、ブログ内さえ断捨離できず・・・