サンソンは岩谷時子特集。

僕のビーナスとかいう加山雄三の曲がかかった。イントロが流れ達郎の声が聴こえるとすごい違和感感じる。いつもそう。他人の曲を歌うとき、歌いはじめにすごく違和感感じる。今日は追って加山雄三の声が流れ、ああ、やっぱりわたしは達郎の声が好きなんだと思った。

本人の曲を聴いているときはまったく意識しないんだけど、他人の歌を歌っているときはとても変で、それが余計にああ達郎なんだなと思う。

 

サンソン聴きながら今日の新聞を読む。

隣りのテーブルの男がこっちを向いて座っているので気になってしょーがない。ぎこちなく紙を広げてたらたら読む。最後に日曜版の松尾貴史のところを読むが、ここっていつもつまらない。自分なりの意見を書いているつもりなんだろうけど、いつも誰もが考えそうな通り一遍のことでなんでこんなやつが連載なんか持っているんだろうと思ってしまう。

 

最近ビジネスパーソンという言葉を急に目にするようになった。

サラリーマンはおろか、ビジネスマンという言葉ももう過去のものになったのか。でもビジネスという言葉はいかにも利益を出している人間というイメージで、そうでなくても非正規雇用なのに、ますます疎外感感じる。なんでビジネスパーソンなんていうんだろう。英語ではそうなのか。植木等的お気楽さのかけらもない。ゴールドマンサックスとかそういう美しいオフィスで綺麗なスーツを着て仕事してるやつらみたいだ。

 

一眼ミラーレスのカメラをついに買い、バシャバシャ無駄に撮っている。撮ってはFlickrに上げ、上げては削除、その繰り返し。少しずつシャッタースピードと絞りの感じが分かって来たかなというところ。でも全然おもしろい写真なんて撮れない。だからさらに無駄にバシャバシャ撮る。イルミネーション撮るのはむずかしいなーとあらためて実感する。三脚の必要性がやっと分かる。iPhoneで撮ったってそこそこ撮れるけど、一眼カメラのマニュアルで撮ろうとするとかなり難しく、ネットで見た写真の値をあれこれ参考にしてみたりする。

雰囲気のある写真。そんなのはまだまだ遠くだな・・・

 

夕飯を作らないと・・・

明日になるのが嫌だな・・・ 仕事も、バイトのバイトも、たばこの返品も、みんなやなことばかり。辛抱するだけだ。辛抱することで時間が過ぎ、老いていく、それだけ。とりあえず京橋でやった血液検査の結果が悪くなくてよかった。Sクリニックの検査はいまいち信用できない。どっちがほんとなんだろう。

インスタント切り干し大根を煮ないと。ジーパンの膝補修、またできなかった。ギターの練習もしたいけど、夕飯つくり片付けたらお風呂に入らなくちゃいけないし、たばこの返品と発注もやらないと・・・ 水曜の夜のバイト、夕飯はどうしたらいいんだろう。

あしたにならないといいのに・・・