f:id:dcandy:20131122215623j:plain

 

 

これはちょっと前近所の公園で撮って気に入っていた写真。

いわゆる露出オーバーなんだろうけど、それでこの世のものじゃないみたいに見えるとこがいいと思っている。

しかしカメラってめんどうくさいな。あれこれダイヤルがあってその理屈を理解するのにすごく時間がかかる。理解しつつあると書いたけど、まだまだ全然わかっていない。

こないだカメラマンをやっている友達に会ったから、気軽に「こんどカメラ教えてね!」といったけど、彼女はあいつに一体なにを教えてたらいいっていうわけ???と思っているだろうな。

考えてみれば前に持っていたカメラは単なるデジカメだったけど、結局ぜんぜん使いこなしていなかったってことがわかった。MとかSとか書いてあるダイヤルの文字の意味をまったくわかっていなかったし、たまに奥行きのある写真が撮れちゃったりしても、どうしてそうなったか理解してなかったもんね。

現在故障かメモリースティックのイカレで使っていないんだけど、もう少したったら少し使ってみよう。

わたしがカメラを買うとき、新型がでるんじゃないかという噂があって、ショールームのおねえさんはやっぱり教えてくれなかったけど、結局買った後あたらしいのがすぐ出た。でも倍以上の値段だったからどうせ買えなかったけどね。

それにしてもこういう機会とか道具とかって、もっともっとっていいのが欲しくなるよね。今のを買ってまだ2ヶ月? でも一番あたらしいのを買って撮ったらすごくいい写真が撮れるような気がして、やっぱり使ってみたくなるもんね。

いまは練習練習といっては駄写真ばっか撮ってるが、いまのところどうしたらもっといいといえる写真が撮れるようになるのかわからない。

というか、いい写真ってなんなのかがよくわからない。前からよく雰囲気のある写真がいい写真だと思ってきたけれど、いろんなダイヤルを駆使して、そのうえでさらに雰囲気を出すのって今のわたしの地点からは計り知れないなー。

カメラを新しくしたら、写真を撮るという感覚自体がはじめの1歩に戻ってしまったような気がする。

iPhoneのカメラも、ぜんぜん使わなくなっちゃった。

イルミネーションなんてiPhoneのほうが上手に撮れてた気がして、なんだかよくわかんない。