f:id:dcandy:20131122223935j:plain

 

 

 

仕事場にも平気でジーパンはいていってたけど、みんな破れてあまりにみっともなく、でも新しいのを買う気にもなれず、穴をどうにかしようってずっと思ってた。

1本は紺白のギンガムチェックの切れ端を折って裏から当て、縫うこともせず小さな安全ピン何本かでとめてはいていた。プチパンクと言い訳をし。

こっちの最近よくいうボーイフレンドジーンはご覧のとおり穴というより裂けがひどく、ついに先日2日かけて当て布をした。

つくる、じゃなくて、つくろう、だね。

ちょっと見ただけじゃ縫ってあるのわからない。こきたないままだ。でもトリコロールでまとめてみました。

本当は紺白のギンガムをまた使おうと思っていたんだけど、あんなに余ってたはずなのにどっかいちゃって、しょうがないからすぐ目の前にあったストライプにした。でもこっちのほうがよかったかな。

もっと太い糸でザクザクいかにもに縫えばカッコよかったと思うけど家になかったからしょうがない。買ってまではしたくなかった。

そういう手抜きがわたしの詰めの甘さにいつもつながっている。

こんな簡単なことでもたまに針を持つのは楽しかった。

またなにかやりたいんだけどなー。