f:id:dcandy:20131207235626j:plain

 

きょうはSさんに教えてもらった表参道に近いミナペルフォネンの端切れを売ってる店にいってみた。

表参道より外苑前のほうが近いかもといわれたが、表参道で降りてずんずん歩いていってミナがあったのは結局キラー通りだった。ワタリウムの近くですといわれたが、あれってOn Sundaysなんじゃーん!キラー通りのOn Sundaysの向かいといってくれれば一発で分かったのに、わたし世代にはね。あの通りへいくのは何年ぶりだろう。MUJIがなくなっていたけど、薬屋かACTUSになったのかな?

ミナでは買いたいと思うまでの端切れセットはなかったが、ミシンのステッチをつかって柄をつくるテクニックを盗んできたぞ。それをわたしは今思い描いているアイディアに活かせるんじゃないかと思ってるが、やってみないことにはね。

ワタリウムでは齋藤陽道という人の写真展をやっていた。千円で高いなと思ったけど、なにか見つけられるものがあるかもと見てみることにした。

耳の聴こえない人らしい。自分の障害によって得た、命の儚さに対する思いが強く表現されている写真展だった。

わたしも写真撮っているが、自分の思いを込めるということが出来ていないことに気づかされた。自分の根っこにあるものや、大切だと感じているもの、何に興味をもって世界を見ているのか。そういうテーマがわたしには欠けている。

色も綺麗な写真が多かった。どうやったら自分の出したい色を出せるのか、いや、その前に自分はどういう色を写真に表したいのかも分かっていない。そういうことが分かった。

On Sundaysではお正月の甥っ子達ようにお年玉袋に使えそうな小さなカードを買った。

昔はあんなお店にもよく行ったけど、今はわたしより年下の人たちのものになってしまった気がしてちょっと悲しかった。

家に帰ってきたら食事はいらないってさ。焦って買物してきたのに。

新橋でケーキを食べちゃったから、夕食はごく軽くした。そしてその後、久しぶりにちょっと手間のかかる料理をした。あしたになったら味がしみてもっと美味しくなってくれるかな。

楽しみ半分、不安も半分。