f:id:dcandy:20140110235749j:plain
 
何ヶ月ぶりかなー、3℃というこの冬最高の寒さのなか30分くらいスロジョギってきました。
キャミソールにババシャツにハイネックシャツにフリースジャンパーにウインドブレーカー、下はタイツに靴下に冬場のスロジョギのために購入した裏フリースのウォームイージーパンツ。ほどんどがユニクロかそれ以前!の衣類でした。
唯一新しいものは年末誕生日プレゼントとしてもらったこの手袋。
ジョギりだしたときは指先が冷たくて、無理矢理指をまげて手袋のなかに押し込んでいたんだけど、30分の後半1/3になったころ、指がぜんぜん寒くなくてホカホカ温かくなっていることに気づく。
さっきまで固くて分厚いコートやブーツで武装し、カチンコチンになりながら寒い寒いと肩をいからせていたのに信じられないな。これって指先の毛細血管まで心臓からドクドク吐き出された36度くらいの血がめぐりわたってホカホカになったってことでしょ?!
ぼーくらはみんなーいーきているー、ってことだ。こんなことを実感できるなんて、この厳しく寒いなか泳いでいるという友人に触発されてジョギってよかったなと思った。
夏ごろジョギっていたときが決してわたしがいい状態のときではなく、既に麩のスパイラルにどっぷり浸かり、そこから脱却するためにジョギっていたわけだが、今夜は走るというか歩きながら母親がもどってきて穏やかな生活ももどってきたことを含め、時間が戻ったような感覚になった。
時間はもう元には戻らないんだということを実感している昨今だから、余計そんな感じが快く感じられたのかも知れない。
来週から来るものが来る。もう避けられない状況になりどこか開き直っている自分もある。
あ、ことしの年賀状、おとといやっとつくったのを紹介しよう。

f:id:dcandy:20140108161324j:plain

 

 

いつもその年の干支とたべものをテーマにしております。今年はアメリカンポップアート展にいったことにより、アンディ・ウォーホルへのオマージュにしてポップな作品?をつくりたかったんだけど、ちょっとこのパソコンで画像をつくるのやったことないのできびしく、芋判ならぬ人参判でアナログにいたしました。

それはどうでもいいんだけど、これをつくっているとき「人間万事塞翁が馬」というのはどういう意味なんだ?と50過ぎてそんなことも知らないんでググってみたら、いいことが書いてあり、ああ、今わたしに起こっていることも、すんごい落込むことだけど何が幸いしてよいことに転じるかもわかんないんだな、とちと思い。ならなるようにしかならない、来るものは受け止めるだけだとすこーし悟れたようなところがあったのでした。

来週会う人が信じられないくらいとんでもない奴だったら、それはそのとき対応を考えよう。せっかくの3連休だ、その日その時が来るまではなるべく考えないでのんびり遊んでいようと。(勉強しなくてはならないに・・・)

あー、眠たくなってきました。

また左くるぶしに痛みが出ないといいな。ふくらはぎに筋肉痛も出ないといいな。

おやすー