♪ 美しい季節ほど 駆け足で過ぎていく

すこし前、おどろいたことひとつ。

11月の終わりごろかな、好きでよくいく有楽町交通会館のマルシェで栗を買ったんですね。結構たくさんあったので、半分は渋皮煮にし、半分はそのまま甘煮にでもしようかとだいどこに置いといた。

買ったときお店の人に保存法を聴いたら、冷凍する人もいますがそのままでも大丈夫ですよといわれたので、ネットの袋にいれたまま放置していた。

先日そろそろ残りの半分を煮ようかと、ひょいとそのネット袋を持ち上げたらエアーのように軽い。エアマロン?!

そうです、栗はあの鬼皮のなかで、すっかりカラカラに乾燥してしまっていたのです。(; ;)

水でも吸わせてみようかと水をはったボールに入れたら、プカプカ浮いちゃって沈まないし。もちろん水なんてあの固い皮から吸いませんよね。

結局たいへんモッタイナイはなしですが、すべて捨ててしまうことになりました。

でもクルミなんかはずーっと置いといたって中の実が乾燥して縮んじゃうなんてことないじゃないですか。だからまさか栗が乾燥してしまうなんて思ってもみなかったんですよ。ああ、冷凍しておけばよかったなと後悔しました。

みなさん、栗を買ったら新しいうちに早く食べましょ〜