12時に寝るとき、いつもより30分遅くアラームをかけた。

何も気にせずゆっくり寝たいと思っていたのに、すっ、すっ、すっ、というような音が頭に入ってきて目が覚めてしまう。

あ、母親が廊下を歩いているんだ。いや、でも母親は家にはいないのに。夢なのか、幻聴なのか、なにか他の音の聞き違いか。上の階の人の足音なのか、朝雀が鳴いている音なのか。なんだかよく分からなくて朦朧としながら不快感を感じているうちに、音は消え、どこかのビルの工事の音に変わった。

支度をして朝ごはんをなんでもいいから食べ、10時には家を出て渋谷で映画を観たい。

ちっとも心からのんびりした状態を楽しめない連休だ。

母を預けないほうがよかったのだろうか・・・

それも怖い。