f:id:dcandy:20140516220413j:plain

きょうできたこと。

 

起きて母親に食事をさせ、ケアマネと一緒に支度をさせて、クリニック、そしてショートステイの施設に連れて行く。

昼食までの時間、母親の寝るベッドに2人で座って話をしたが、「おかあさんはもう死んじゃったの?あんたはもう帰っちゃうの?寂しいね、寂しいね」といわれ困ってしまった。

 

きのうは上島へ行ったので、きょうはまたスタバへ行って本を読む。隣りの男性2人が会社にいる派遣社員を今後どうするかを話しているようで、イヤホンをして音楽を聴いて耳をふさぐ。

 

2時間いて5時になったので、いつもの公園をひとまわりして写真を撮る。

 

帰りにドラッグストアへ寄って少し買物をする。母親を迎えにいこうかと思ったが、身動きのできない自分のことを優先させることにしてやめにする。

きょうの母親は、どこかのおばあさんが泣き叫んでいるあの施設に永遠に置き去りにされるのだと思ったようで、なんどもいつまでここにいるの?とわたしに聞いた。1週間だよ、と何度もいった。

 

帰ってきてぼーっとテレビを見ていたら8時になり、なにか食べないといけないと思い、焼きそばをつくって食べる。

食べてるとき体の硬直がひどくて辛くなり、きょう1つめの薬を飲む。

 

そうそう、朝は洗濯をしたんだっけ。でも今風呂場の前はある理由で洗濯物があふれかえっている。落ち着いてきたので、やっと2回目の洗濯をする。

 

こうやって書くと、ごくありふれた休日の一日のようだけど、まわりの人にはわたしの心と体が常に恐怖と戦っていることはわからないだろう。

 

きょう友達に起こったできごと。わたしに本当の意味はよくわからないが、わたしのせいで悪いことが起こったのでないとよいが。

友達の今後にとって、よいできごとであることを祈る。