明日、この8年間の仕事を終わりにしにいく。

もちろん行きたくないし緊張するし、どの面さげてあの場所にいればいいんだろう。

8年間通ったのに、最後はひどい終わりかたになった。あちら側にすれば、後ろ足で砂をかけられるようなものだろう。不義理、無礼、非常識。

でもわたしにとってはこれで精一杯だ。

8年間いても何のキャリアにもならず、貯金も人脈もできなかった。知り合った人たちとは、今後連絡を取ることもないだろう。

変なとこに入ってしまったものだ。仕事をはじめたとき、できればすぐ辞めたほうがいいだろうと思っていた。それほど変わった世界だった。特殊だ。負け惜しみのようだけど、わたしが魅力を感じて、友達や先輩として付き合いたいという人も結果的にいなかった。

もっと早い時期に片を付けて、転職するべきだったのかも知れない。そうすれば、もっとましな暮らしになれたかも。

今いっても後の祭りだ。

どの面さげていくか。

上司に挨拶しなければいけないので、そのときどのように話しをすべきかと思うが、余計なことはいわないのが一番いいね。

面は、無表情でいよう。

最後の挨拶だけは、普通に、丁寧に。大人なんだから。