今朝の寝覚めはどうだろうと心配していたが、案の定、わたしはもうどこにも行くところがないんだが、どこにも属していないんだ、という不安感でいっぱいになって起きた。起きてしまえば、不快な気分はすぐになくなり、花子とアンとか見てるんだけど。

きょうはクリニックの日。朝の不快感を感じている人はネット上でも多くみられると話したが、そうですか・・・とあまり医者は知らないようだった。うつの典型的な症状だと思っていたんだけど。

就職活動をしたほうがいいでしょうか?と聞いたら、とにかく2週間はなにもせずに休みなさいといわれた。また表情がいつもより柔らかくなったと。

そういえばかちんこちんは不思議と今日はあまり感じない。属さない不安、この先どうしたらいいんだろうという不安は時々首をもたげるが、それでもどうにかやりすごせる。

毎日職場へ行っていたのはわたしが思っている以上にストレスで、解放感も大きいのかも知れない。

今日は母親も9日ぶりにショートステイから帰ってきた。正直帰ってくるのが本当に怖かったのだが(この怖さは説明しても分かってもらえないだろう)、思ったより元気で頭もはっきりしており、わたしも余裕が少しあるのか今夜は問題なく過ごすことができた。久しぶりの脳トレも少しやったし。

正直、きのうまで仕事のことも中途半端な状態で、1人で家にいるのは気を紛らわせるものがなくかなりしんどかった。悪いほう悪いほうへと考えてしまうし。

母親がいれば食事もつくらなきゃいけないし、もちろん面倒なことは多いのだが、部屋に人がもうひとりいるというのは、それが例え認知症でも安心感が違う。

人の存在は大きいものだなと思う。

現実感がなくなるというのが、わたしの危ない状態なのだが、テレビを見ながらくだらない会話をしていると、そんなことすら忘れていられる。ま、いつまで持つかわからないけどね。

土日は土日気分で乗り切れそうだが、来週からはどう過ごそう。でも2週間なにもするなといわれてほっとした。誰かにいってもらわないと、わたしはダメなのだ。

のんびり、のんびり、掃除やなにかつくったり、のんびりすごそう。