f:id:dcandy:20140602222214j:plain

 

スーパーへ買い出しにはいった。

食べるものがないことには、どうにもならないから。とりあえず母親になにか食べさせなければならないし。

水物でずっしり重い袋をさげ、帰りのお楽しみはコーヒーショップに寄ること。シャバに戻った気分になれるひととき。

本を少しだけ読んで新聞を広げたりしてみたが、落ち着かず、どうしても足を動かすことがとめられない。自分で生み出している恐怖と戦っているというよりは、自分の中から何かが湧いてきてしまう感覚。

きっと焦ってはいけないんだろう。もう少し時間がかかる。そうなんだろう。

いつまで待てばいいのか。

いつまであいつは湧きあがってくるのか。

苛つく。