f:id:dcandy:20140607233912j:plain

 

きょうは雨が酷すぎて紫陽花の写真は撮れませんでした。これがやっと。

 

夕食後、母親に脳トレをフルコースでしてもらったせいか、寝る前になって自分のおばあちゃんは、お母さんはどこにいるの?といいだし、おばあちゃんは死んじゃった、お母さんは50年くらい前に交通事故でなくって可哀相だったじゃないと話すと、そう…、そんなことも忘れちゃったのよ、それは可哀相なことをしたね、と寂しそうな顔をした。

どこへ行ってしまったかというより、どうなってしまったか覚えていないということのようだったので、変な勘違いはなく、ただの忘れ、普通に近い考えだと思い、脳トレが少し効いているせいかもと嬉しくなる。

認知症はよく短期記憶がなくなり、昔のことは覚えているといわれるが、人が毎日の習慣で体が覚えているような覚えかたをしたことは覚えているけど、脳に意識的に刻み込んできたような記憶がなくなるんだなと思った。

脳トレで自分の名前をときどき書かせるのだが、漢字4文字のなかで、流れで覚えているような文字は、なぜかさらっと書ける。数字でも、口でいいながらのその勢いで書くとすっと書けるのだが、一度考えてしまうと書けなくなるようだ。

きっと習慣として覚えることが刻まれる脳と、学習的に覚えることで働く部分と、領域が違うのかもしれない。心臓の動きも生まれもって刻まれているひとつの動きの記憶のようなもので、学習的記憶がこわれていっても心臓の動きを覚えているような脳のある領域を鍛えれば、こわれた部分をカバーすることはできないのだろうか。

って、まじめに考えちゃったけど、もしそうならとっくネットのどこかに出ているだろう。

馬鹿の考え休むに似たり。

 

 

うつの人には現実感がなくなるという現象が、やっぱりあるようだ。

最近ちょっと前のことが別の世界のように感じると話したら、お医者さんがその話をしてくれた。

母親のことをバシバシぶって、怒鳴り叫んでいた頃のことを今思い出すと、わたしのそうはいつからいつまで続いていたのだろうかと考えてしまう。

正直、今の世界が現実感が強いかというとそうでもなく、自分でも一体自分がどっちの世界にいるのか、うつから浮上してきたのか、またうつに落込んでいくのか、そうに入ってきているのか、なにがなんだかよく分からない。

自分のそうが何年かに一度たまに出てくるものなのか、何ヶ月かごとに2つの症状をくり返しているのか。いつも自分の状態に注意しているのだが、それでもよくつかめないのだから困ってしまう。セロトニンが不足しているとうつになるそうだから、異常発生しているか他のなにかが出ちゃってるんだろう。

でもあまりネットで調べるのはやめにしている。振り回されるから。

 

 

とかいって、さっきセロトニンオキシトシンについてのページを少し読んだ。

どちらもストレスをやっつけるようなホルモンだ。オキシトシンセロトニンの分泌を助けるのかな。

どちらにせよ、早く寝る、朝から太陽に当たる、ウォーキングなどリズムのある運動をする、大豆食品・ヨーグルト・マグロなどの食品を食べる。ようはバランスのとれた食生活かな。

あとは実際の人とのコミュニケーションやスキンシップ。

こう書いているとまさにうつとかは現代病だな。太陽とともに起きて生活をしていた人たちの生活ではあり得なかったことだ。

さ、12時すぎたし、寝ないと。

夕飯後のパソコンや携帯もダメと書いてあったところもあった。それはちと難しいけど。

ねよ。