f:id:dcandy:20140608233453j:plain

 

あっちの世界とこっちの世界。

いったいわたしはどっちの世界にいるのか、本当によくわからない。

昨日までの過去のこと、すべてが別の世界のできごとだったように思える。

早く現実感を、別世界を意識なんかしなくていい世界に身を置きたい。きっと仕事をはじめれば、こんな感覚は消えるのかも知れない。

今日は新聞で、仕事をしているときより家庭にいるときのほうが、ストレス時に分泌されるコルチゾールという副腎皮質ホルモンが多く出てしまうという話を読んだ。ストレスにまつわるホルモンの研究はアメリカのほうが進んでいるみたいだが、それはアメリカ人のほうがストレスの問題が多いってことなのかな。

わたしも家のことばかりしていて外で会う人もそういないし、うんざりした気分になって夕飯が外食にしてしまった。ひとりだったらまともな食事をつくらないから体調くずすし、ふたりだとちゃんとつくらなきゃいけないから面倒だし、また宅配弁当でもとろうかなと思ってしまう。でも一時母親が食べていたお弁当のことを思うと、なんにもなくても適当に家にあるものを食べていたほうがましか・・・と思ってしまう。それを食べさせていたわたしも酷いけど。

昔独り暮らしをしていたころは、ちゃんと仕事から帰って毎晩きちんと夕飯つくってた気がする。最近は義務感のほうが大きく、あまりつくること自体楽しめないし、つくったものも美味しくない。

 

 

自分の書いた文章が地域の新聞に掲載され配布された。いったいどのくらいの人が読んでくれるのだろう。

担当の人から文章がうまいから辞めないで欲しいといわれ、ちょっといい気になっていたが、次の号の編集会議にでたら要は人がいないみたい。持ち上げられて乗せられた感あり。

続けていける自信がなかったんだが、一応次の記事の候補を考えていったら、あっさり通ってしまい、昨日は勇気をもって取材申し込みにいってきた。今回はせっかくエッセイの書き方の本を読んだので、起承転結の基本ルールを意識して書いてみようか。

 

 

あすは元の職場近くへ行く。

誰とも会わないといいな。