最近歩いていると左太腿の裏側がつるような痛みがあり、必死に歩いているところもあったので、疲れた筋肉がかたまって悲鳴をあげているんだと思っていた。ストレッチをしてみても一向によくならず、きのうはかなり痛みが増していたので、腿 裏側 痛み で検索してみたら一発で「座骨神経痛」にぶち当たった。原因が腰椎ヘルニアであることが多いとあり、まさにわたしはそれなので、これは歩けなくなったりする前にお医者さんに行こうと、きょう以前友人に紹介してもらった整形外科医を訪ねた。

いくつかの質問、いくつかの機能的テスト(カッケを調べるみたいなのとか)、レントゲン撮影の結果、まだ座骨神経痛まではいっていないということだった。

今朝シャワーであっためたせいか、左太腿裏の痛みはきょうはあまり感じなかったが、背骨のレントゲンと見せられ、第5腰椎と仙骨?の間が潰れていてはじが出っ張っている写真を見てしまったせいか、家に帰ってきたら腰が痛くなりまっすぐ座っていられなくなっている。

ストレッチはどんなのをしてるの?と聞かれ、脚の裏側を伸ばすようにしていますと答えたら、それではダメで、潰れている腰骨を伸ばすために前屈をするようにいわれた。

普通なら前屈で指先が床に軽くつくのだが、今はカチンコチンでまったくつかない。

腰から足への神経は、太さが1cmくらいあり、腰からかかとまでつながっているそうだ。その大もとがあっぱくされているから、脚全体が痛くなるみたい。

前屈をこころがけ、手が床につくようになるころには、脚の痛みを消えていますように。座骨神経痛方向へ悪化しませんように。

 

そろそろ就活しなければと思っているが、今ひとつ勇気が出ない。

また面接で失格!になったり、受かってもちゃんと働けるか、人とうまくやっていけるかと考えてしまうとやっぱり臆病になると同時に、そろそろ普通の世の中に戻らないと、呑気が板についてしまい戻る気がなくなってしまうんじゃないかという不安もある。

タイミングをのがさないようにと思いながら、いつがそのタイミングか掴めないんだけど。

いいなと思う求人情報があり、明日こそ明日こそと思っていて、さっきページを開いていたらもう削除されていた。

あっちゃー

タイミング遅すぎ。でもまた何か別のに出会えるかな。出てくると信じて見続ければ、きっと何かとめぐり合うさ。

ね。

 

上の冷やし中華。上品なお味だったけど、とても美味しかったです。

細めでシコシコ腰の強い麺が美味しかったな。大分大人になったせいか、最近麺類の美味しさは、具でなく麺自身にあると強く感じます。

麺そのものの美味しさをあじわう、これぞ麺料理。ってかなり当たり前ですが。