きょうは昼から健康診断だった。

誰もいない家に帰えり居間でほっとしていると、どこからか男性用オーデコロンの匂い。

なんでだ?わからない。

もしかしてわたしが出かけている間に、誰か男がこの部屋に入ったのではないか?もしかしたらまだこの部屋のなかに潜んでいるのではないか?

でもいそうな気配はない。

昼を食べていないので台所へいき、なにを食べようかと考える。

また臭う。

アラミスだかなんだか知らないが、昔からある典型的な男性用オーデコロンの匂いだ。

部屋のどこかから臭うというより、臭いはわたしについてくるような気がしてきた。

アルコール臭に近いってことは、採血のあとを止血している脱脂綿か?まさかね、と鼻を近づけてみると。なんかにおうー!

古くさい男物のオーデコロンの臭いは、この左腕の関節あたりから臭っていたのだ。

しかし脱脂綿だけでなく、腕全体から臭ってくる。止血のために少しの間借りていた、止血バンドという腕に巻くベルトのようなものが臭っていたんじゃないかな。

きっと前に使った男が腕にぶんぶんにコロンを噴射していて、その臭いがベルトにしみ込み、次に借りたのがわたしだったに違いない。

くさーい!どんなおやじやー。

不審者の侵入じゃなくてよかったが、もっと素敵なかおりならかっこいい男性を想像させてそれはそれで楽しかったのに、ぜんぜんタイプじゃない前時代的なにおい。

こんな思いをしたんだから、健診の結果は問題なしであってほしい。