まっすぐ帰らず、いつも公園を一周しにいく。

雨上がりの芝生を歩くと、雑草の水滴が足の甲をはじき気持ちがいい。

ことしお初のひまわりです。

 

まにやっくツアーのことを考えていたら、DREAMING DAYを聴きたくなり、人に気づかれない程度に一緒に歌いながら公園をまわった。

大きな声をだして達郎の歌を歌いたいなと思う。そんな気分は久しぶりなので、いつもの自分に戻ってきたのかな、と思いながらも、それを超えて行き過ぎたら困るぞと少し気分をひきしめる。

 

まにやっくに行けることになったのは驚きだ!

はなからダメだろうと諦めてさえいた。一応わたしなりの奥の手を使ったが、それが功を奏してしまった。といっても、別に電通や芸能界の知人に頼んだりしたわけじゃない。ふつーにイープラスです。

ただ、やっぱりサンプラに行きたかったのだが、残念ながらNHKだった・・・

しかししかし、きのうファミマにチケットを引き換えにいったら、とんでもなくいい席だった。これはコンピューターによるデータ操作の賜物だと想像するが、その反面、神さまは見ている、とも思える結果だ。

具体的には書けないが、人生で一番いい席だと思う。コンピュータによる人的操作?バンザイ!(適当な憶測です)

こうなると、どんな曲をやるかわたしなりに考えてみようという気にもなる。いや、別にこれをやって欲しい!というものが特にあるわけでもない。

アルバムは買ってきたが、シングルCDをほとんど買ったことがないので、どれがメジャーでどれがまにやっくという区別が自分のなかでないし。

そりゃライドンやクリスマスイヴはさすがにシングルって気もするが、あとは同列だなぁ。

まにやっくといったって、すんごいドロドロな曲がある訳じゃないし、どっちにしたってみんなPOPSだし。

一部の地域ではチケットがはけてないらしい。これまでわたしの周りにも好きっていう人は何人かいたけど、ドラマの主題歌になったあれが好き!とかの程度だったもんね。わたしだってすごく有名な人のコンサートでも、知らない曲ばっかりだとすぐ寝ちゃう。

多分、多分だが、わたしは達郎初心者の人たちに囲まれて今回コンサートを観ることになるのかも知れない。まわりの人たちがつまんなそうにしたり、知らなすぎてドン引きしてたり、居眠りしたり、そういう様子が見られると思うと、そっちもすこし楽しみだな〜。

そういう人たちを達郎はどういう風にいじるのだろう? もちろんこっちもすごく楽しみ。