あたらしい街での仕事、2日目。

今日はずっと経理のソフトの入力作業。接客も少しした。昔とったなんとやらで、意外と対応はすぐできるもんだな。ささっと箱を包装したら、早い!と驚かれた。そういうことは自信をもって出来ます!といえるんだが。

お昼はひとり。みんなひとりで行くみたいだ。楽だけどちょっとつまんないね。

パソコンと接客、それも賞味5時間だか。でも帰ってくるとすごく疲れていて、居眠りし、ごはん作る気なくなる。

きのう溜まっていた買物のレシートをアプリで入力した。安いスーパーで買ってるはずなんだけど、昔とそんな食費が変わらないな。安いからって、つい余計なもの買ってるんだろうね。前はよくつくりたくなくてお弁当買ってたけど、材料買ってつくるより安いってこともあるんだよね。

あしたはわたしのスタバ上島代を入力しよう。

 

今の街はちいさな街。ちいさな街のちいさな店にいると、前の街のことを思い出し、なんだか悲しくなる。最近忘れてたのに。

前の街だった1km四方くらいのせまいとこだった。あそこに今いる人たちともう会いたいとは思わないけど、あの街を仕事で手ぶらで歩くのが好きだったな。いつも街全体が仕事場って思ってたから。

今は週一回も行ってないし、行くと誰かに会いそうなので、脇のほう歩いたり、下を向いて歩いたり。そこまでしていく意味あんのかってとこあるよね。

あの街へ行かなくなってから、ほかの街によく行った。狭いところに長年居過ぎた、んだろう。東京全部がわたしの街だ。そう考えればどこでも一緒さ。

今度の日曜はわたしが大好きだったお祭りがある。もう関係ねーなー