公園のまわりにはムグゲがたくさん咲いている。

 

おととい、また些細なことで母親を怒ったら、急に頭が痛くなった。

きっと脳のどこかの血管が切れたんだろうと思った。恐いなと思い、一応頭の血管のなかにサラサラと血が流れるようなイメージを描いた。寝るときになってもまだ痛かったから、このままどんどん頭痛がひどくなって、朝にはいないかも、でもそれでもいいと思って寝てしまった。

翌朝は頭痛のずの字もなく、普通に起きれた。

 

虎ヒルへ行ったが、落ち着けるような店がなく、フラフラ通りを歩いていたらソフトクリームの看板があったので、歩道に並んだ椅子に座りアイスをぺろぺろ舐めた。

そんなに暑くもなく、屋外は気持ちよかった。アイスのあと久しぶりに本を広げた。

あっという間に時間がすぎ、雨がぽつぽつきたので立ち上がった。ああ、梅干しをしまってきてやっぱりよかった。焦って帰るのは面倒だから。

 

そう、毎日5時という時間を気にして行動しなければいけないのが、かなりしんどい。

わたしが買物して、どこかで小一時間コーヒーでも飲んで、のんびり帰って夕飯をつくれるよう、誰かが母親といてくれるといいんだけど、それはもうお金でしか解決できない。

5月までは6時まで働いていたんだけど、どうしていたんだろう。やっぱりタイマーにできるものはそうして、テレビは毎日つけっぱなしだったんだよなー。よくそうやってやってられたよ。

最近わたしが遅くなると、机のうえに積んであるわたしの書類を広げてみたり、きのうはわたしの部屋に入って枕のまわりに置いてあるものをいじっていた。そういうのブチ切れんだよな。遅れて悪いと思ったり、もっとゆっくりしていたいと思ったり、早く帰らないとと焦っていたり、そういう気持ちで帰って人のもの広げられてたりすると本当に切れる。だから家のなかはすっきりと物がないようにしないと、そう思って棚を買ったんだけど、今置いてある棚とその中身をどうしたいいかと思うと、新しい棚に手がつけられない。

 

早く帰らないと思いながら毎日いるのはとてもストレスなんだけど、やっぱりいないとこっちも不安定になる。明日迎えにいってしまおうかと考える。こっちの都合であっちへやったりこっちへやったり、だ。

 

きゅうりの支柱と肥料を買おうかとAmazonで調べる。きゅうり用の肥料があると読んだので調べたら、きゅうりとゴーヤの肥料というのがいくつかあった。

きゅうりの苗を買ったホームセンターは、歩いたら30分くらいかかる。きのう行ったとき全部買っちゃえばよかったんだけど、育て方まで調べてなかったから仕方ない。また行くとすると、歩いていくのは大変だし、支柱なんてもって帰ってくるのも面倒だし、乗り物に乗るとするとバス+地下鉄かタクシーで、また無駄なお金を使うことになる。

でもあの大袈裟な梱包を思うと、Amazonで買うのがためらわれる。つい最近も化粧品がいっぺんになくなったので3点注文したら、同じ日に丁寧な段ボール梱包でそれぞれ届いた。無駄だよなーといつも思う。

でも友達で配送センターでそういう商品の発送作業のパートをしてる人がいて、肉体労働で大変だと話していたが、そういう人たちのお給料はあの梱包があってこそ払われているのだ。そう思うとそれを否定するのもなんだかな。

義理の妹はパソコンができない。でもパートをそろそろはじめたいらしく、どんなとこでやりたいの?と聞いたら、やっぱり配送センターかなといっていた。きっと時給はわたしと変わらないんだろうけど、ママ友達に気をつかいながら2K的な仕事を選ばなきゃいけないのは、これもなんだか大変だな。職業に貴賤はない、っていうけどさ、そういうこというのは大抵高収入の人たちだからな。

わたしもイラレフォトショップパワポっ。流暢につかえたらラクチンだったのに。あと英語も。

 

下を見ればきりがない、上を見てももっときりがない。

三段逆スライドなわたしです。