ということで、前からいってみたかった佐倉の国立歴史民俗博物館へ、朝顔展を見にいきました。

変なのたくさんありました。

  

 

これは一番意固地そうなの。

25cmくらいしか伸びないんですって。

 

 

これは葉っぱも花も細ーくなって、線になっちゃってる。

 

 

変わった品種「変化朝顔」には、花びらがこんな風に割れてるのが多かった。

 

 

これは割れてるうえに、二重になってんですね。

 

パンフレットもらってきたんだけど、朝顔って江戸時代に品種改良が盛んにおこなわれて、鑑賞されてたみたい。

漢字のながーい品種の名前は、葉っぱが先、後ろに花の形状が表されている。

例えば、

 黄斑入渦柳葉紫撫子采咲牡丹

とかね。

わたしが知ってるような普通の朝顔だって数えきれない色や、斑の入りかたですごい数の種類があると思うけど、それにさらに花の形も何種類もあって、もう無限大ですな。