髪を切りにいき、帰り山手線に乗ったら仕事帰りの人でラッシュだった。

おまけに品川〜川崎あたりで事故だかなんかで、電車が遅れているらしく、多分いつも以上の混みようだったんだと思う。

最近混んでる電車に乗ることがまったくない。知らない人々との接触点を気にしながら閉じ込められているのは、なんというストレスなんだろうとあらためて思った。

どの顔も仕事に疲れた表情で、うちに溜めたストレスと満員電車のストレスでさらにぎゅーぎゅーになっていて、人間の生活として正しくないというか体に悪いよなと思う。

でもこうやって通勤している人はたくさんいるわけで、信じられないよなー。

発車しまーすと聞いて、あと一駅だ!と思った瞬間、動き出して1秒もしない電車が急ブレーキで止まった。アナウンスでは線路になにあるので確認するという。

あと2分で解放されると思ったのに、あと何分待たされるのかとがっくりする。結局寿司詰め状態の電車に無理矢理乗り込んだ人の、バッグがドアに挟まれていたらしい。

数分でに安全確認が取れて出発したものの、わたしの立っていた場所は降りる側のドアから少し遠かった。(いや、実際は開くドアを間違えて反対側で待機していた 😓)

おまけによりにもよってドアに向かうには、となりに立ちはだかっているデブチンおやじの横を抜けていかなければならない。その向こうにはさらにたくさんの人が詰まっているし・・・

でも降りる駅が近づくと、わたしが行動を開始する前にそのおじさんが大きな体をぐいーっと周囲の人の迷惑も顧みず体を回転させた。あ、この人降りるんだ。

わたしはおじさんのあとにくっついて、人混みを難なくすり抜けることができた。

ラッキー!

前の職場は地下鉄で2駅、そして今も2駅で、おまけに混む路線じゃないので、わたしは通勤ラッシュ知らず。

というか、遠くに通う意思がはなからない。

でも今は大江戸線だから、地下鉄の入口からホームまでがすごーく遠く、何本もエスカレーターを乗り換えなければいけない。だから乗ってる時間は4分だけど、構内の移動時間は10分くらいあるのかな。

ま、それでも楽なほうへ楽なほうへ。わたしの向かう道はそっち。