f:id:dcandy:20150309000848j:plain

はじめて作ったサツマイモの蜂蜜ごま和えが美味しくできた。
母親が入院してるので、ストレスがかなり軽減された。
入院は金曜まで。このあいだに胃がよくなってくれないかなと思う。悪い病気じゃなく、ピロリの除去洩れとかだといいが。
こうして1人でいると、朝起きて部屋まで起こしに行き、布団をはいで体を起こさせ手を取って立たせ、スリッパを履かせてトイレへ行き紙パンツ替えて、おしっこさせてトイレットペーパーで拭かせ水を流させ手を洗わせて手を拭かせて、ごはん食べさせパートに行ってギャンギャン言われ、狭い狭い場所で精神的にもいつもいつもせせこましく、急いで買物して帰ってきて、時々場所銀行により母親の介護の支払いを済ませ、帰って自分の漢方薬を煮出しはじめてたまにお茶を出してやっても飲むこともよく分からずお盆に注いであったり、ごはんの30分前を見計らって胃の薬を飲んで、少しして50分煮出した漢方をのんで、食事ができたらもう8時近くで、食べてテレビ見てたら片付ける気にもなれず、風呂場の洗濯機の前は母親の毎日のデイサービスの洗濯物とかだと少し前に帰ってきたショートステイの「未洗濯」と書かれた洗濯物のビニール、粗相をしてればシーツやパジャマや雑巾、そしてわたしの洗濯物があり、回しても回しても追いつかず、特に2〜3日天気が悪いと雪崩のようで、夕飯が終わって母親は毎回おなじようにランチョンマットの意味がわからずテーブルで何度も畳み直し、わたしはそれを尻目にきょうの料理を見て、終わった頃寝る準備でトイレに行かせおしっこさせてトイレットペーパーで拭かせパンツかえパッド入れトイレを流させ手を洗わせふかせ、自分の寝る部屋が分からないが部屋に行かせ、部屋のエアコンをつけ服を脱がせ、パジャマの上を着せボタンを自分ではめるのを待ってからズボンを履かせ布団をめくって横にならせ、メガネを外させ布団をかけ、気が向いたら加湿のためにバスタオルを濡らして頭の上にハンガーで提げ、小さな灯りにしておやすみと行って部屋から出でくるような日々がどんなにストレスフルかと思うが、いないと他人事で夢のようでもある。
早く胃が治ってストロベリーパフェフェアとかにいって、おかわりするほどあまいものを食べたい。
北海道大納言小豆を煮た中に顔を突っ込んで寝たい。
窒息するけど。

あ、これ
おー寒!     だったっけ