#22

image

 

きのうは美容院へいった。

種蒔きをしたとき、種を3つ行灯仕立てにする鉢に蒔き、美容師さんへ持って行くことにした。

人目で朝顔だと分かる鉢を持って地下鉄に乗り込み、座席に座ったら、隣りの年配の女性が鉢をのぞき込んできた。

これは朝顔だと分かって覗いているんだなと思ったわたしは、「さっき種を蒔いたばかりなんですよー」と声をかけた。

するとその女性は、たまたまわたしが昨日調べていて知った、日本朝顔教会と変化朝顔協会が合同で日比谷で実施する朝顔展のことをご存知で、わたしは去年見て来た変わった朝顔の写真を見せたりして思わず話しが弾んでしまった。

すると女性はバッグの中からティッシュにくるんだ葉っぱを取り出し、「これ日比谷公園でさっき取ってきたんですけど、よかったらどうぞ」と弱々しく根っこのついた紅葉だか楓だかの3つの芽のうちの2つを、ティッシュにくるんでわたしにくれようとした。大変嬉しかったのだが、2つはあまりにもったいないから1つで結構ですと、分けていただき、そうこうしているうちに下車駅に着いてしまい慌ててお礼をいい、地下鉄から走り降りた。

美容室で「なんですかこれは??」と聞かれ、事情を話したら、ビニール袋を分けてくれて、そこですぐ水に浸ければよかったのに気が利かず、カットが終わってから行く恵比寿のアトレのトイレで、やっとビニールに水をいれティッシュを浸した。

「帰ったら水にいれてやり、水を吸って元気になったら植えてやるといいですよ」といわれていたので、帰ってすぐ水にいれたら、朝起きて見た時は、萎れていて駄目かもと思っていた葉っぱまで蘇っていた。

 

image

  

さー、どっちにしても早く新しい土を買って来ないと!

来年には盆栽みたいになっているかも知れないぞ、おー寒!

いや、心温まるお話ですね?