読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしという職業

f:id:dcandy:20150630122237j:image
昨日オイコノミアで又吉が、学校卒業した時になりたいものが何もなく、又吉という自分だけの職業があったライブいいのにって思っていたと話してた。
わたしが学校卒業する時、同級生たちはどういうモチベーションで会社を選んでいたかちっとも分からなかったが、就職に必死で、わたしはぼーっとやりたいことって何だろうと考えているま間においてけぼりになった。
今よりあの頃のほうがもっと考え方に自由がなかったが、又吉のような考え方もあったのか、と今更感心した。
結局、卒業してすぐ入った会社に今もいるような人は稀も稀で、天然記念物のような存在になっていると思う。
これは女だからね。
男だとまた違うんだろうな。