読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経過報告

f:id:dcandy:20150630235919j:image

 

今夜のごはんは、主食はおかゆみたいな雑炊、野菜の煮物は微塵切りでフワフワの魚河岸揚げと一緒に、ニラ玉のニラは1cm以下に刻み、あとは白身魚のバターソテー。

いつもはあまり食が進まないが、きょうは自分では持てないけど、箸やスプーンを持たせたら結構自分で食べてくれた。

麦茶のコップも自分で持って飲んでいた。

最近はごはんが終わっても口の中のものをずっと噛んでいたが、きょうは飲み込みやすかったせいか、もごもごはほとんどなくなっていた。

毎日柔らか食やきざみ食を用意しなきゃらないかと思うとぞっとする。また面倒が増えるからだ。離乳食のビンとかでいいか。

そういうお弁当もあるだろうが、お弁当は昔とっていて最後は食べなくなり、わたしだって食べたいようなものじゃなかったから、最終的には可哀相になった。

食べてくれたのはいいが、食べたってことは、もう普通の食事は難しいってことだ。

元気な高齢者はよく90すぎてもステーキなんか食べているという。花ちゃんは奥歯があんまりないしな。口腔ケアもちゃんとできてないから・・・

食べなくなるというのは本当に恐い兆候だ。また急な下り坂をごろんごろん下って行ってしまうような気がする。

3月だったか、わたしの薬の飲ませ間違いがなければ、今はもっと元気だったんだろうか?あの事件の前の花ちゃんがどんなだったかもう思い出せないんだが、誕生日に撮ったみょうに可愛い顔した写真があって、あの頃はあんな表情も出来たのにと残念に思う。

食事のあとウトウトしながら、みょうにはっきりしたこともいったりして、薬効いているのかと思う時もあるが、まだ分からないな。