読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活が変わる

f:id:dcandy:20150720161525p:image
Apple musicはある意味、わたしの生活に大きな変化をもたらしたといってよいだろう。
音楽的に生活が変わると言うのは、大雑把にいえばウォークマン以来のことだ。ウォークマンと入力してもiPhoneじゃ勝手に変換されないのよね、やっぱり。
しかし今回の変化には、SONYの存在が大きく絡んでいる。ソニーと入力するとSONYにはなるのね。
SONYBluetoothの小さなスピーカーを買ったことが、Apple musicの使い方を大きく変えた。Apple musicって意外にもWi-Fi環境でしかし使えない。だから導入してから分かったが、道歩きながらとは聴けないのよ。だからほとんど家にいる時に使うんだけど、例えば今聴きたい!意外と好きなのよ!という曲でも持ってないことのほうが多く、でもこの2つのよ組合せがあれば、お部屋が一気にモータウンの世界に変えたりできる。
昨日もテレビでN響の演奏を見ていたらゲストで出てきたギル・シャハムというバイオリニストが素敵で、ギルの演奏を聴きながら寝た。急に馴れ馴れしい。
Apple musicはもちろんミュージシャン?アーティスト?の人達には物議をかもしている存在なんだろうし、はじめに自分の好みを登録することでわたしみたいな音楽的知識の少ない人間はせっかくお金を払ってもあまりたくさんの新しい音楽に出会えない危険性もあるが、ちょっとアンテナに引っかかって来た曲や人を検索して、広がらないわけでもないしね。
有線とどっちがいいのかね?
healingと検索すれば海の中やタイの浜辺のコテージでマッサージしてもらってるような気分にも慣れるし、なんといってもこの環境で色んな音楽を流すことで、母親も結構音楽楽しんでいて、わたしがオールディーズに合わせ部屋の中で踊ると、一緒にお箸でお茶碗たたいてノッたりする。今もBaby Faceの曲で足を動かしている。あ、このアルバムは持ってますがiPhoneに入ってないし、わざわざCD出すのもめんどうなので。だんだんCD持ってても、こっちで聴くようになるよね。
音楽は脳にいいに決まってる!
ベランダには数種の植物が夏の日に照らされてわさわさ茂り、室内はナイスな音楽環境。iPhoneとSRS-X33をひょいと両手につかめば、お風呂場だって寝室だって、そこがオレのミユージックルーム!CMかっ! あとはお部屋をきれいにお掃除するだけなんですけどね。
ますますテレビを見る時間が少なくなり、再放送ばっかのNHKなんて見なくなっちゃうぞー!

うちのMacBook Air、修理は終わりましたがまだ取りにいってないし、借りてきたレノボは重いしすぐ落ちるから使うの面倒で、iPhoneからでした、目が痛い。