経過報告

Untitled

 

 

きょうは花ちゃんをコーラスを聴きに連れていった。

歌の間、花ちゃんは目をつむって、寝ているのか聴き入っているのか、瞑想しているのか分からなかったが、曲の合間には目を開けていたので、きっと聴き入っていたんだろう。

暑かったので、わたしの帽子をかぶせ、氷入りの麦茶をポットに入れて出かけた。大江戸線から半蔵門線への乗り換え。半蔵門線は基本的に段差がなく、車椅子で勝手にどこに乗ってもいいようだったが、行きはホームとの段差が少なくスムーズに乗り込めたのに、帰りは少し隙間があり、タイヤがはまってしまいそうで冷やっとすることがあった。タイヤがドアとホームの間に挟まり、ドアに挟まれてそのまま地下鉄が動き出したら・・・ そう考えると恐かった。でも事なきを得て、無事帰ってきたけど。

街は人出が多く、そんな中をグイグイ車椅子で進んで知らない場所へ連れていって、また疲れてしまうんじゃないかと思ったが、思ったより元気に帰ってきた。車椅子を押していたわたしよりも元気に。

帰ってきてリビングで話をしている時に、「今日は土曜日だけど、明日は何曜日だっけ?」と聞いてみたら、即座に「日曜じゃない」と答えた。

これは小さな奇跡だ。反射的にせよ、曜日の話しが通るなんて驚きだった。でもあとでもう一度明日は何曜日?と聞いたら分からなかったけど。質問されてじっくり考えたりすると分からなくなるのだ。きょうはわたしの名前も一度もいえなかったけど、「大事な人」といってくれた。わかってはいるのだ。

「ありがとう、ありがとう」と何度もいってくれる。

今朝だったか、昨日だったかな。朝起こしにいったとき、とても嬉しそうな顔をして、よく寝て気持ちよかったといって、まるで寝ている間に生まれ変わって元の花ちゃんに戻ったように、幸せそうな顔で「ありがとう」といっていたっけ。寝ている間にサプリが頭の回路を滑らかにしてくれているのかも知れない。

今晩から1度に飲む量を3錠にしてみる。

大きな変化があるといいが。

ただ、意識がどんどんはっきりして、自分の状況、認知症という病気であることを悲しむような感情が生まれないといいと思う。