経過報告

Untitled

 

 

写真は今朝受粉させたゴーヤの雌花です。

 

土日2日間外出したせいか、花ちゃんは疲れているみたいで、今朝は起きたときあまり嬉しそうな表情はなく、ぼんやりしていた。わたしも眠くてしかたない。

やることがあれこれあるのに、なにも片づけられないでいる。

又吉がいってた。やらなきゃいけないことが1つならすぐやれるが、2つになるとどっちもできなくなってしまう。確かに!

 

昨日は近所の公園まで出掛け、芝生の上で少し歩行訓練をした。花ちゃんは、わたしの名前をいうことができた。

食事のあと、「わたし今仕事してないんだけど、仕事するのとしないのとどっちがいいと思う?」と相談してみたら、「今のわたしには、そんなの分からないわよ!」と答えた。

これはわたしにしてはすごい答えで、少し前まではどっちがいいか?という質問には、どう答えていいか分からず、困ったような笑いを浮かべるだけだった。それが今の自分の状況も把握したうえで、こんな状態だからちゃんとした答えは出せないという答えなのだから、かなり色んなことを考えての返事だ。

「でも一緒に出かけたりして楽しいから、これでいいよね!」といったら、そうよ!といっていた。花ちゃんがいうんだから、そうなんだと思う。

 

目が痛くてなにもする気になれない。

老健へ書類を出しにいく、図書館へ本を返しに行く、耳鼻科に処方箋のことを聞く、どこかカフェで本の残りを読む、買物に行く、洗濯物を畳む、袋を作る・・・

 

きょうはやめにして、さらにお休みしようか。

 

そうそう、公園からの帰り道、コンビニで買物したいが滅多にいかないローソンにしようか、最近一緒の時に行くことの多いファミマにしようかといったら、いつものとこがいいといわれ、ファミマに行くことにした。いつものコンビニを本当に覚えているのかな?そうだったら嬉しいんだけど。

5時半はもうすぐ。わたしはもちろん笑点を見たかったのだが、スタバを通りかかったので「スタバで休憩していく?それとも帰って笑点見る?」と聞いたら、2回笑点じゃなく休憩して行きたいといったので、わたしは笑点をあきらめスタバで一服することにした。花ちゃんは周りをキョロキョロ見渡してはいたが、アイスコーヒーとオレンジのケーキを美味しい美味しいと喜んでいたようだ。

なにかを選んで選んでくれることは、わたしにとってはとても嬉しいのだ。