今週のお題

Untitled

 

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

 

影響があったかどうか分からないけど、よく思い出すといえば「バカの壁」かな。

バカな人には壁=限界があるんじゃなくって、バカな人は自分で自分の考えに限界をつくってしまいそこで止まってしまうという考え方は目から鱗で、時たま何かについて考えながら煮詰まっているときなんか、よくこのことを思い出す。

 

タイトルにバカとか付いてる本がすごく売れるってことは、みんなどこかで自分は本当はバカなんじゃないかって思って、少しでも利口になりたいと思ってるってことが分かり、それもまた面白い。

もちろんわたしも買った動機はこれでしたが。

 

人間失格とか、純文学をあげればカッコいいのかも知れないが、小説で感銘を受けたものはほとんどない。というか、読んでもないし、覚えてもない。

強いていえば、荻原浩のコメディ小説。笑えてなんぼ!という感覚は、大事〜