読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痒み

1ヶ月前くらい、夕方ギターを弾いていて、終わってギターを外したら右脇が圧迫されたのか、右腕の肘から手首あたりまでが痺れて、そのままずっと痺れがつづいた。

1週間ほどするとおなじ腕のところが痒くなるようになり、更年期でそんなことがあると書かれていたので、そうかと信じていた。

先週母親をクリニックに連れて行った時、あなたのほうが痩せて心配だから検査をしなさいといわれ、長年通っているそのクリニックで初めて診察券をつくった。

この時とばかりに最近気になっていてことを先生に話したが、腕の痒みについても話した。先生は尿酸値の問題かも・・・といっていて、血液検査をしたので、今週また結果を聞きに行く予定だ。

しかし、今朝ふと気づいたことがある。

いつも朝か夜の水やりの時、朝顔の花がら摘みをするのだが、今朝もグリーンカーテン朝顔の葉っぱがモサモサした中に、手をつっこんで前日咲いて萎れた花を掴んでいて、あ、これかー!と思った。

朝顔というのは葉っぱも茎も産毛のような細かーい毛で覆われている。もっと夏も盛りのころは、花がらを摘むたび花の根元あたりの鋭い毛が手に刺さって、いってー!と悲鳴をあげていた。

結局わたしの腕が痒いのは、右手でおもに花がら摘みをするので、小さな細い毛で腕や手の甲が刺激されたり、知らない間にその毛が刺さっていたりして痒くなっているんじゃないかと。

きっと尿酸値なんかじゃなく、あしたの朝からゴム手袋をして花がら摘みをすれば解決するんだろう。

 

遊んでいたり、遊んでない時はごはんを作ってたり疲れていたりして、またやらなきゃならない作業がちっとも進んでいない。

あしたは何をしようか。