野々村

きょうは盛んに野々村のことをテレビでやっていた。

あーゆー人は病気だと思うから、嘘をついているとかそーゆー問題じゃないと思うんだが、まあおもしろいからみんな真剣にコメントする。

 

変な人は世の中にすごくたくさんいる。

社会的にまともな地位にいる人から、病院にいる人まで、病名がつかなくても病気と区別が難しいような人がぎょーさんいる。

わたしだってハタからみたらそんな部類なんだろうから、なんかよく分かる。

まともな人だって本当にまともかはよく分からない。

だいたいどっから病気でどっからが性格かなんて、誰も区別がつけられない。

社会性とかコミュニケーション能力があるかが、線引きなんだろうか。それだって曖昧なことだし、白黒ってことじゃない。

いや、やっぱり分かんない。

自分以外はみんな変と考えればみんな変だ。みんなそう思ってる。

 

きょうはやりたいというかやらなければならないことがいくつかあったが、やる気になれずこうしてパソコンに向かう。なんの生産性もない作業だからか、ついあれこれ書いてしまう。

無駄だ。