読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋

Untitled

 

 

 先週のサンジャポかな、ホリエモンが出ていて、本屋は売れなくてもいい、あるだけでいいみたいなことをいってたけど、本当だよなーと思った。

もちろん売れないと商売としてはマズいわけで、案の定今日のニュースでは新宿の最大のデッカイ紀伊国屋が縮小になる(撤退じゃないと思うが)とやっていた。

もちろんAmazonだのKindleだのの話は、とっくのとうだから新しい業態の小さな本屋ばかりが増えてるんだと思うけど、本屋は確かにもう半分くらいはわたしの中でも買うとこじゃないかも知れない。かといって本自体あまり読まないからあまり意味ないけど。

本屋は時代の雰囲気を感じに行くとこ、今はそんな気持ちだ。よく新橋の地下街の本屋の前を通るけど、自分の買いたい本を探すとか、何か面白そうな本がないかと文庫本コーナーで時間をかけて物色するとか、そんなんじゃなく、一番前の売れ筋辺りをさっと見て、こういうのが流行ってるってことはこういうことなのか?とかさらっと思って通り過ぎる、そんな風だ。

並んでいるのを見てると、売ろうとしている意識もあるけど、最近人が何を求めてるのか、そんなことが漠然と分かる。

だからって、そういう流れにのる訳じゃないんだけど。「嫌われる勇気」も買ってないしね。あ、でもアドラーのは買っちゃったけど。やっぱ流されてる。

 

ホリエモンは鋭いなってこと。