経過報告など

f:id:dcandy:20170702001743j:plain

 

母親の部屋へ様子を見に行った。

35度位に頭を起こしたベッドで横向きではあるけど、いーちにーいと、ゆっくりめの苦しくなさそうな呼吸で眠っている。母親が昨日無事に退院してきた。

結局どこが悪くてあんな状態になったのか、色々やった検査では分からなかった。

肺炎だったのかも、という程度。

スリープクリニックでは驚いた顔で心不全だといわれ、てっきりそうだと思って慌てふためき、いつものクリニックで薬をもらったり、一緒に寝たりしていたが、一ヶ月くらいの間にどんどん悪くなり、わたしの想像以上に弱っていて、今回の入院になってしまった。

過去のことをどうこういっても仕方ないじゃないと人はいうけど、ある程度原因を知っていないと、そしてまた同じことが起こった場合の対処の仕方を知っていないと、この先不安だと思いあれやこれやお医者さんや看護師さんに聞き、大体納得できたのはよかったと思っている。

でもうちでは一番いいスプーンがなくなって、しつこくいい、新しいのにはこれ見よがしにプラスチックのネームタグを付けたり、食べたくないと本人がいったから食事を食べさせなかったといわれてまた柔らかくではあるが文句をいった結果、わたしはモンスタードーターのように思われていたのではないかと思う。

 

さっき同じような状況の友人からメールが入り、あちらのほうが深刻なのにまた自分のことばかり長々と返信してしまった。

ソフト食のこと、新しい車椅子が使いにくいこと、退院翌日なのに買物に連れ出してしまってまた体調が悪くなるんじゃないかと思うこと、買った実山椒、新生姜、南高梅のこと、この汚い部屋、トイレのこと、母親にレースの着やすい服を作ってあげるよといったこと、明日もファッションショーのビデオを見せてあげる約束をしたこと(母親は目を閉じて見てはいなかったけど、閉じた目で多分昔を思い出し、何かを感じ、思っていたこと、せっかく予約して買ったクッキー、賞味期限2週間のクッキーを誰かに早く送らなくちゃと思うこと、色んなやらなきゃならないことが有り過ぎて何も進まず、焦るばかりでただ時間だけが過ぎ、寝たくなくて、今日にとどまっていたいというより、寝ている時間が不快で、あーーーーー!

 

友人のメールには、親孝行ね、と書いてあったけど、そうではなくて、母親が期待してようにプロフェッショナルな仕事に就いたり、結婚したり子供を産んだり出来なかったし、家にお金も入れないし、健康保険料さえ払っていなかったし、親達が苦労して建てたビルに苦労なしにのーのーと住んでいるし、そんなことの数々に対する罪滅ぼしでやっているわけで、母親はそれをどう思っているのか、感謝のことばをいってはくれるが、どこかで投資したはずなのに期待はずれだっと思っているのではないかと思う。

 

次のテーマへ